犬の幸せのためにできること

こんにちは!

秋祭りの時期が近づいてきて、夜は太鼓の音が聞こえてきます。

最近のレッスンでは、このような質問をしています。

「この辺りは獅子が回ってきますか?」

回って来る、家には来ないけれど音は聞こえるというお答えでしたら、では音にびっくりしないように今から対策をしましょう!とお話しています。

なんでも予防が一番!

困る前に、愛犬の恐怖や不安を少しでも軽くできる可能性があるのなら、前もっての準備、対策が大切です。

犬の幸せを考える

犬にとっての幸せって何でしょうか?

私たちとは種が違いますから、幸せであると感じるものにも違いがありそうです。

たとえ同じ犬同士であっても、全く同じ犬はいませんから、個々の違いもあります。

好きなもの苦手なものはそれぞれでしょうが、共通して好むもの、幸せの土台となるものはどの子も同じではないでしょうか?

動物福祉の基本である5つの自由は、幸せであるために必要な事柄です。

5つの自由

  1. 飢えと渇きからの自由
  2. 不快からの自由
  3. 痛み・障害・病気からの自由
  4. 恐怖や抑圧からの自由
  5. 正常な行動を表現する自由

愛犬にしてあげられること

  1. 新鮮で健康的な食事を与え、いつでも綺麗なお水を飲むことができるようにする。
  2. 快適な環境(温度、湿度、衛生面に配慮)で、落ち着いて過ごすことができるようにする。
  3. 病気の予防をして、もし何らかの病気や怪我が疑われたらすぐに診察、治療を受けさせる。
  4. 恐怖や不安などの大きなストレスを感じることのないようにする。避けられないストレスも軽減できるように前もって準備する。
  5. 犬として当たり前の行動を、人の都合で困るからと言って問題行動と決めつけない。止めて欲しい行動があれば、体罰を使わない方法でやさしく教える。
  6. なるべく家族と一緒に過ごせるように配慮する(犬は社会性のある動物なので、単独で長時間過ごすことは辛いです)

さらに幸せになるために

5つの自由に加えて、犬という種として求めるもの、その子の求めるものも満たしてあげられると、もっともっと幸せだと感じてくれるのではないでしょうか?

犬という種としては、鼻を使うことは大きな喜びの一つになってきそうです。

その子その子で求めるものは、水遊びが大好き、ボール遊びが大好き、飼い主さんにべったりひっついていたいなど、個々の好みが出てきます。

愛犬の楽しそうな姿を見られることは、犬と暮らす中で大きな喜びの一つですね。

犬の幸せを知るために、学び、実践し、犬に聞くこと(犬を観察すること)に、終わりはありませんが、楽しい学びであることは間違いありません!

あなたも、犬の幸せを追求する仲間に入りませんか?

遊び方も学べるレッスンのお申し込みはこちら

スクールのご案内はこちら