犬に好かれるコツ

こんにちは!

犬に好かれる人、犬好きなのに吠えられる人。せっかくなら、好かれたいものです。

私は仕事柄初めてのお宅に訪問して、そこにいるわんこさんと、仲良くなりたい訳です。

そんな時に気をつけていること、無意識なことも多いですが改めて考えてみました。

距離をつめるのは相手から

まずこちらから手を出すことは、ありません。

人が好きで熱烈な歓迎を受けたり、穏やかに近寄って来てくれた場合は、手の匂いを嗅いでもらう感じで差し出すことはありますが、いきなり触りません。

歓迎モードでない場合は、目すら合わせません。恐る恐る近寄ってきてくれても、知らん顔して自由に匂いを嗅いでもらいます。

その子に必要な時間をかけて、私は何も嫌なことはしません!を見ない触らないことで伝えています。

美味しいものを食べると心が和らぐ

初対面の人と一緒に美味しいものを食べると、少し緊張も和らいで、話が弾みやすくなったりしませんか?

わんこさんとも同じで、その場で美味しいオヤツを食べてもらうことができれば、距離はぐっと縮まります。

また、飼い主さんを通じて楽しいトレーニングや遊びを提供していきますので、私が来ると楽しいことが始まる合図となっていきます。

人付き合いのマナーに通じるもの

どれだけ可愛く魅力的でも相手の許可なしに触ったり、距離を詰め過ぎたりしませんね。(したら犯罪です)

また相手の好みや考えを付き合いの中から探り、なるべく相手の嫌がることはしないというのも、当たり前のマナーです。

それがわんこさん相手だとつい忘れがちになってしまいやすいのかもしれません。

寛大な犬たちに許されている可能性にも目を向けて、何も言わないから良しではなく(実際はボディランゲージで語っていることも多いですね)、もしかして嫌がってない?と考えてあげられると、この人は分かってる♫と思ってくれるかも…しれません。