みんなで温活しましょう

こんばんは!

今日は雪も散らつき、非常に寒い1日でした。

お部屋が暖かいようでも、隙間風で冷えることもあります。

特に窓際にハウスがあるワンちゃんは、温度湿度計をハウスの横の低い位置に置いて、隙間風のチェックとともに、気をつけてあげてくださいね。

(隙間風チェックは、私が犬の世界に入る時にお世話になった愛犬家の方からのアドバイスです。暖房を入れていて、ハウスに毛布を入れてあげても、隙間風があったら寒いんやで!と、お腹の弱かったあおちゃんの心配をしてくれました)

寒さで胃腸の調子が悪いワンちゃんも増えています。

犬も猫も飼い主さんも一緒に温活をしましょう。

手軽にできる、ペットボトル温灸小豆のチカラがおすすめです。

温める場所は腰が良いですよ。

しっかりケアしたい時はペット鍼灸セラピーもおすすめです。

出張ペット鍼灸セラピーもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

芯まで温まって、免疫力アップ!熟睡もできます。

インフルエンザも流行っています。

みなさん、ご自愛くださいね!