何のためにしつけをするのか?

こんにちは〜

今日は子育てのお勉強でよくご一緒させて頂くママさんとランチをしてきました。

子どものことに口うるさく言わないようにするのは難しいねという話題になったのですが、ついつい言ってしまうのはそれだけ真剣に、そして少しでも良い方向へと導きたいという親の思いがあってのことです。

でも考えてみたら、口うるさくしてお互いに険悪になったり、ストレスになるのは元も子もないですね。

口を出し過ぎて、全てをお膳立てして失敗させないようにしてしまう。

これは自分で考える力や時には失敗して得られる経験、成長をも邪魔してしまいます。

何か良いものがあっても押し付けずに、さり気なく話題に出してみたり、親が先に楽しんだりして、子ども本人がその気になって取り組むことが、結果、一番楽しく身につくのではないでしょうか?

犬育ても同じで、何のためにしつけをするのかと言うと、お互いが楽しく快適に一緒に暮らしやすくなるためにするものですね。

本来の目的を忘れてしまって、しつけが楽しくないどころか、嫌なものになってしまわないように気をつけながら、ワクワクする引き出しをたくさん作って行きたいなと思いました。

最近、うちの息子のワクワクはこれです↓

ワクワクするものは、自発的に取り組んで学習のスピードも早いです。

子育ても犬育ても、ワクワクをたくさん提供できるように心がけていきたいですね。

愛犬にワクワクをたくさん提供できるようになるトレーニングをたんぽぽドッグスクールで学びませんか?